いったい何の音?もしかしたら、警報器の電池切れの音かもしれません。

住宅用火災警報器は約10年を目安に電池切れの時期になります。


警報器本体の交換をおすすめします。

警報音の止め方

本体裏側にある商品名(商品記号)をご確認ください。

商品によって「電池切れ警報」の音・ランプ表示が異なります。
ご自宅の警報器の商品名(商品記号)を確認し、以下の製品別動画をご参照ください。または、こちらのpdfファイルをご参照ください。注)記入場所は、商品により異なります。

当該ページに記載された商品は、約10年前の商品を想定し、鑑定制度当時の商品を掲載しています。鑑定制度は2014年4月より検定制度へ移行、それ以降の生産品は「検定合格証」が貼付または印字されています。

〜2013年3月31日まで「検定合格証」

2014年4月1日より「検定合格証」

製品別動画

警報音を聞く・警報音を止める・電池を取り出す他

SS-2LH(煙)・SS-FD(熱)シリーズ

SS-2LL(煙)・SS-FG(熱)シリーズ

SS-2LP(煙)・SS-FH(熱)シリーズ

SS-2LQ(煙)・SS-FJ(熱)シリーズ

SS-2LR(煙)・SS-FR(熱)シリーズ

電池切れ時の対処方法
グループ設定の初期化の方法
故障時の対処方法
通信異常時の対処方法

電子部品の寿命は10年が目安です

電池寿命は約10年 電子部品の劣化 汚れ・誇りの目詰まり(煙式の場合)

住宅用火災警報器は設置してから約10年で交換を推奨しています。古くなった住宅用火災警報器は電子部品の劣化や汚れ、埃の目詰まりにより故障することもあります。安全・安心な居住空間でお過ごしになるには、万が一に備え、新しい警報器への交換をおすすめします。

その他の原因で鳴る場合