ホーチキの100年、革新の100年。 防災メーカーホーチキならではの挑戦の歴史

不可能への挑戦。90m先の火を消す放水銃システム

日本各地に点在するドーム球場やイベント施設などの大型空間建築物。従来の消火システムでは、それらへの対応は不可能に近いものでした。そこで、私たちが国内で初めて開発導入したのが“大規模放水銃システム”です。

90メートル先の火災位置を正確に特定するセンサー、炎をピンポイントで消火する放水銃を組み合わせたこのシステムは、研究開発を積み重ねてきたホーチキの技術の結晶です。

現在では大規模空間のみならず、体育館や病院などの中規模・小規模空間向けのシステムも開発し、その活躍の場は多岐に渡っています。

02

HOMEへ戻る