ホーチキグループのコンプライアンス方針

基本方針

 企業の不祥事により会社の存続も危うくなる例が後を絶たず、企業倫理のあり方が厳しく問われています。企業や個人が持っている良識に照らして、誠実で公正な行動をすること、コンプライアンスが強く求められています。
 社会を構成する一員としての企業の社会的責任に鑑みるに、コンプライアンスは当然のことであると同時に、基本的な活動の一つです。
 ホーチキは、防災事業を核とする企業活動を通して、人と社会に貢献することを経営理念に掲げて事業展開しています。この経営理念の追求、理念に沿った行動は、ホーチキにとってはコンプライアンスの実践そのものといえます。
 ホーチキ株式会社およびグループ会社(以下「ホーチキグループ」という。)は、改めてコンプライアンスを重要な経営課題であると考え、法令の遵守に加え、自ら定めた規則等の遵守も合せて、「行動規範・行動指針」を制定しています。
 「行動規範」は、私たち一人ひとりの行動の基本方針であり、「行動指針」は行動規範の主旨を具体的な行動(求められる行動、してはならない行動)の基準として定めたものです。

行動規範

 経営理念のもと、法令・社会的規範・倫理を踏まえ、より良き社会人・より良き企業人として誠実かつ適切な行動を適宜・迅速に行う。
 広く社会に貢献する企業を目指し、常に変化を先取りして新たな価値を創造していく。

行動指針

  1. 安全と品質に十分配慮した製品およびサービスを提供し、当社を取り巻く人々とのより良い信頼関係の構築に努める。
  2. 社会との共生を図り、地球環境に配慮した事業活動を行う。
  3. 個人の人格・個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境の確保に努める。
  4. 業務上知り得た内部情報に基づくインサイダー取引(不公正な取引等)を行わない。
  5. 顧客情報や個人情報の漏洩防止と安全対策を徹底する。
  6. 法令と規則を守り、誠実で公正な取引を心がける。
  7. 市民社会の秩序に脅威を与える団体や個人に対しては、毅然とした態度で臨み、一切の関係を遮断する。
  8. グローバル企業の一員として、諸外国の慣習、文化を尊重し、国際社会との協調に努める。
  9. 透明性を重視し、必要な情報開示を行う。
  10. 公私の区別をわきまえ、会社の定める規程および規則に従い、清廉かつ誠実に職務を遂行する。

報告制度

 ホーチキグループでは、コンプライアンス問題が万一発生した場合には、速やかに対応し影響の拡大を防止するため、以下の報告体制を整備しています。

  1. 従業員はコンプライアンスに違反する行為、または違反の恐れのある行為を行ったと思われる場合、もしくは見聞きした場合には、直ちに所属部所長経由で、関連するリスク統轄部所または各本部統轄部所のリスク管理・コンプライアンス推進責任者に第一報するとともに、「コンプライアンス違反事象報告書」にてリスク管理・コンプライアンス委員会事務局(内部監査室)に報告するものとする。事務局は、所定の報告ルートにて管理本部長および取締役社長執行役員へ報告する。
  2. 従業員は必要に応じ、上記の報告に代えてホットライン制度(内部通報制度)を活用して、報告するものとする。報告を受けたホットライン窓口は、通報者同意のうえで事実調査を行うものとする。調査実施に際しては守秘義務を課すとともに、通報者に対する人事面等における不利益な取り扱いを禁止する。
コンプライアンス体制

参考:経営理念

人々に安全を

災害の防止をとおして人命と財産の保護に貢献する。

社会に価値を

社会に価値ある商品とサ-ビスを供給する。

企業をとりまく人々に幸福を

従業員と株主、協力者および地域社会の人々に豊かな生活と
生き甲斐のある場を提供する。

推進体制

関連情報