ホーチキグループのリスク管理方針

 ホーチキ株式会社およびグループ会社(以下「ホーチキグループ」という。)は、経営理念を具現化し、社会に価値ある企業として存続していくために、内部統制の要としてリスク管理方針を制定しています。
 ホーチキグループは、リスク管理のための体制構築は、株主様や多くのステークホルダーを含めた社会全体に対する責任であることを自覚し、積極的に推進してまいります。

基本目的

 リスク管理の目的は、自然災害や火災等の発生を予め想定し、人命と財産の保護および秩序だった復旧を行うための情報伝達網を構築すること、ならびに事件・事故や品質問題など社会全般や会社の事業遂行上に重大な影響を及ぼす事象に対しては、発生を防止するとともに万一発生した場合には、影響を極小化し、社会的損失を発生させないような行動をとり、速やかに復旧回復できるようリスクの洗い出しを行い、その対処方法などを事前に明確化することによって、社会の安全と会社の安定を守ることにあると、ホーチキグループは考えています。

行動指針

  1. 常にリスク管理を経営の重要課題と意識し、企業の価値を高める。
  2. 経営資源の保全と万一経営資源に損害が生じた場合には、適切・迅速な復旧を図る。
  3. ホーチキグループの役職員の安全と健康の保全を図る。
  4. リスクが発生した場合は、迅速に責任ある行動をとる。
  5. リスクに関連する社会的要望や要請については、誠心誠意検討し、リスク管理に反映する。

推進体制

 ホーチキグループは、部門・業務毎に多様に発生するリスクを、組織的かつ横断的に管理していくため、以下の推進体制を構築しています。

  1. 取締役会は、ホーチキグループのリスク管理、コンプライアンスに必要となる基本方針・規程を定め、リスク管理体制が、その決議した内容に沿って構築・運用されているか、各取締役執行役員の職務執行状況を監督する。
  2. 事前の調査・分析・立案など取締役会を補佐する機関として、主として取締役執行役員で構成する「リスク管理・コンプライアンス委員会」を設置し、取締役社長執行役員が委員長を務める。
  3. リスク管理を全社的に実効ある形で推進するために、「リスク管理・コンプライアンス推進部会」を設置する。リスク管理・コンプライアンス推進部会のメンバーは、各本部・各室から委員長が選任(以下「リスク管理・コンプライアンス推進責任者」という。)し、事務局は内部監査室が担当する。
  4. リスクの種類毎にリスク統轄部所を置く。
  5. 必要に応じて各本部に本部統轄部所を置く。
  6. 主要部所に、リスク管理・コンプライアンス推進管理者を配置する。
推進体制

危機管理体制

 ホーチキグループは、社会やお客様との関係に重大な影響が生じる、もしくはホーチキグループ業務に著しい支障が生ずることにより、全グループ的な対応が必要と判断されるような事態(以下「緊急事態」という。)が発生した場合に備え、社会およびホーチキグループが被る経済的損失を極小化し、迅速に通常業務へ復帰するため、危機管理体制および対処方法を危機管理規程において定めています。
 ホーチキグループは、万一緊急事態が発生した場合には迅速かつ的確に対処し、社会やお客様ならびにホーチキグループ役職員および関係者等の安全確保を図るとともに、ホーチキグループの社会的な責任を果たしてまいります。

関連情報