先輩社員紹介 先輩社員紹介

「あなたがいてくれて良かった」
と言われるために。

メンテナンス部門 2017年入社

葛西 瞬

  • Q1ホーチキに入社を決めた理由は?

    「人の命を守る仕事」「暮らしに安心を与える」この2点に魅力を感じたことが入社のきっかけです。
    私は「暮らしの安心を支えたい」という思いで就職活動をしていたところ、誰もが必ず一度は目にしたことのある「火災報知器」のメーカーである当社に出会いました。防災業界を調べていくうちに、火災報知器やスプリンクラー設備、防排煙設備など陰から暮らしを支えているのだと気づきエントリーしました。

    また、当時面接官を務めていた方の「業界を引っ張っていく、会社を変えていく」といった強い思いを聞き「この人についていきたい」と思ったことも入社のきっかけとなっています。

  • Q2仕事内容を教えてください。

    いつ発生するか分からない火災、だからこそ常に備えは万全であることが必要です。
    防災に関する知識を持った「消防設備士」として、建物毎に半年に一度実施する消防設備点検の管理業務を中心にお客様だけでなく、協力会社等と関わりながら確かな点検をお届けしています。

    お客様が求める防災設備に関する様々な問題に対し解決策を提案し、不具合があれば安全の実現に向けて現場調査・工事の手配から工程管理、最終確認までと、総合的な業務を行っています。時には消防設備リニューアルの提案等を行うこともあります。このような管理業務を一日2件程度、提案や工事などの営業を1件ほどこなし、月にするとおおよそ40件程度はお客様と関わっていることになります。

  • Q3やりがいを感じるときは?

    一番やりがいを感じるのは、何といってもお客様に喜んでいただけた時です。
    保守点検や工事の現場で研修や先輩から学んだ知識を活かせたときには、お客様がとても喜んでくださいます。今後さらに知識を身につけ、経験を重ねてプロとして専門性を磨いていくことで自分の可能性を広げていきたいです。そうして有名な大型ビルやショッピングセンターの設備を自分が手掛けることができる、そんな風になれば担当させて頂いたお客様の笑顔がますます増えていく、そんな想いで仕事に取り組んでいっています。

  • Q4夢や目標はありますか?

    お客様に「この人が担当でよかった」と思っていただくことが目標です。
    まだまだ知識も経験も不足していますが、そんな私にお客様が不安を感じさせないよう当社の商品やサービスに更に価値を加えていく為に何を考えどうしたらいいか常に工夫しています。

    メンテナンス部門は業務の幅が広く、仕事に活かせる資格を積極的に取得したいと考えており、日頃の仕事において常に学びの意識を持ち、自分の知識を積み重ねていくようにしています。また、現場管理や技術にも精通したいと考え、これから確実に仕事の幅を広げていきます。

    そうすることでお客様の要求や課題を解決していき「あなたがいてくれて良かった」と、より満足してもらえる営業マンになりたいと思います。

  • Q5職場の雰囲気や社風を教えてください。

    横浜支店はバーベキューや屋形船、社内から花火を見ながらの懇親会などイベントがとても多いです。そのため仕事面においても部署間で助け合える雰囲気となっています。
    私自身フットサル部に入ったことで、他部署の社員との交流が増え、社内での連携体制が作りやすくなったと思います。

    また、先輩方を見ていて「メリハリがある」人が多いと感じます。きっちりやる部分はとことん突き詰め、楽しむ部分は全力で楽しめる人が多く、私もその方たちを目指して日々業務に取り組んでいます。

  • Q6学生へメッセージをお願いします。

    とにかく最後まであきらめないでほしいです。
    就職活動が長引くほど、妥協して遊びたくなる気持ちもわかりますが、後々後悔することになります。納得できるまで粘り強く続けることで自分の思い描いた理想に少しでも近づける結果になるとうれしいです。

    また、自分の可能性を狭めずいろいろな業界を見ておくと、その経験が必ず就職後に役に立ってくれると私は感じました。就職先が決まったら、そこでどう頑張るかを第一に考えて、取り組んでほしいと思っています。

       

    ※所属部署・役職は取材当時のものです。

葛西 瞬さんの
ある日のスケジュールSchedule

  • 出社

    余裕をもって30分前には必ず付くようにしています。その日やること、目標を再確認し、一日をスタートしています。

  • 見積作成

    点検で見つかった不具合の修繕見積を作成しています。消火器から感知器、非常報送、ガス漏れなど多くの設備を扱います。

  • 昼食

    午後から現場へ行くため、出先で昼食をとることが多いです。毎日お昼が楽しみです。

  • 現場

    工事をする前に必ず受信機で連動を解除します。この作業は正確かつ慎重に行わなければいけません。

  • 報告書作成

    会社へ戻り、今回の工事の報告書を作成します。写真台帳を用いてお客様に素早く、確実に報告することが重要です。

  • 退社

    この日はノー残業デーのため18時に退社です。次の日やるべきことを整理し、あいさつをして帰ります。