03

仕事を知る

プロジェクトストーリーProject Story

プロジェクトストーリー プロジェクトストーリー

すべての建物が活躍の場。
24時間・365日、守り続ける。

私たちが提供する商品は、現代社会のあらゆるシーンを24時間・365日見守り続けています。
しかし、それは人々の目に留まりにくい部分でもあります。
それぞれのプロジェクトストーリーから、日頃、私たちが実践している安全・安心への姿勢や想いをお届けします。

  • PROJECT 01. 東京スカイツリータウン® 全社一丸となったプロジェクト、
    “防災屋”として得た信頼。

    世界一の高さを誇る電波塔、観光・商業施設、オフィスビルなどの施設からなる、
    東京スカイツリータウン。2012年5月の開業以来、多くの人が訪れる人気スポットとなっている。

    東京スカイツリータウン施設内の面積は約23万㎡にも及ぶ。この施設に大規模防災システムを納めたのが、私たちホーチキだ。それは、これまでに前例のない防災システムだった。

    現場を担当した東京支店の贄田が、当時のプロジェクトを振り返った。

    プロジェクトストーリーを読む
  • PROJECT 02. 放水銃システム “今までにない消火システムを”
    放水銃開発への挑戦。

    ホーチキの消火システムに“大規模放水銃システム”というものがある。ドーム球場やイベント施設のような、大規模な建築物や高天井空間で発生した初期の火災を検出し、大型の銃で放水して消火するというものだ。これは、ホーチキが世界で初めて開発したシステムである。

    このシステムを初めて導入したのが東京ドームだった。
    今では多くの施設に導入されている大規模放水銃システム。背景には、“今までにない消火システムを開発しよう”というメンバー達の想いがあった。当時、開発メンバーの一人として参加していた営業本部の宮崎に、プロジェクトを振り返ってもらった。

    プロジェクトストーリーを読む
  • PROJECT 03. 住宅用火災警報器 SS-2LT “ユーザーに優しい製品”を目指して。
    新型住宅用火災警報器の開発。

    住宅用火災警報器の設置によって、火災による犠牲者数が43%減少するというデータがある。 平成18年の消防法改正により、住宅用火災警報器の設置が全国一律で義務化。それから10年が経過し、当初の機器が寿命を迎えようとしていた頃だった。

    住宅用火災警報器は一般ユーザーが触れるものであり、ホーチキにとって「顔」とも言える重要な位置づけの製品である。交換の需要をきっかけに、火災による犠牲者の減少を念頭としたさらなる普及を目指して、新型住宅用火災警報器のリニューアルプロジェクトがスタートした。

    プロジェクトストーリーを読む
  • PROJECT 04. UL規格対応 煙感知器 アメリカの新規格に挑め。
    自分の意思を貫いた煙感知器開発。

    アメリカ保険業者安全試験所が策定する製品安全規格(以下、UL規格)が2020年5月に改正される。その内容は「ポリウレタンフォームの燃焼火災」および「ポリウレタンフォームの燻焼くんしょう火災」での作動試験、そして「ハンバーガー調理の煙」での不作動試験という3つの火災試験が追加されるというものだ。ソファーなどのクッション材としても使われているポリウレタンフォームが燃えた場合の煙と、ハンバーガーの調理で発生した煙を的確に識別できる煙感知器が求められている。

    ホーチキの煙感知器も例外ではなく、この規格にクリアしなければアメリカでの販売はできなくなる。そこで、新たなUL規格に対応した煙感知器を開発するプロジェクトが発足した。

    プロジェクトストーリーを読む